ニードルタティング〜お試し編〜

ここ数年で、タティングレースの道具が手芸屋さんでも気軽に買えるようになりましたね。

タティングレースは手軽に始められるのが良いところです。まずは『シャトル一つと糸』。そして手を動かしてみて、必要であれば買い足してください。

今回は皆さんからの質問が多い『ニードル』についてお話しします。
タティング用のニードルは10cmくらいの長い針で、糸の太さによって細、中、太と使い分けるのが一般的のようです。使い方はシャトルとは全く違うのですが、仕組みはほぼ同じです。今回はお試し編という事で お値段もサイズも可愛らしい針を用意してみました。
基本の作り方を、3回に分けてお伝えしています。下記のリンクからご覧ください。


『ニードルタティング⑴お道具』

『ニードルタティング⑵基本』

『ニードルタティング⑶リング』



***************
これまでの記事 まとめ
『糸の太さ』
『糸を足す方法』
『リングをほどく方法』
『シャトルの代替』
『刺繍糸の使い方』
**************

▶︎WEBSHOP 
creema 作品販売
inankl(イナンクル) パターン販売


inankl

inankl(イナンクル )アイヌ語で幸せの意味 札幌タティングレース教室 講師 ナナイロ。 タティングレースをもっと気軽に、もっと自由にというコンセプトから生まれたナナイロタティングのオリジナルパターンをご覧ください。 遠方の方の予定に合わせたレッスンにも対応しています。